お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6447-2653
メールでのお問い合わせ

Googleサジェストとは?その仕組みと影響、困ったときの対処法まで

sajesutoosenn

2023.10.26
  • サジェスト汚染・サジェスト対策

Googleでの検索で、検索の候補が表示されるサジェスト機能を利用したことがあるという方は多いと思います。

便利な機能ですが、実は企業においては、このサジェスト機能がイメージや売り上げなどに関わることもあるのです。

 

実際に「Google検索するとネガティブなワードが候補に上がってくる……」といった、オンライン検索でのワードについて困っている企業もあるのではないでしょうか。

 

この記事ではGoogleのサジェスト機能について、その仕組みや与える影響とともに、ネガティブなキーワード表示への対処方法まで徹底解説いたします。

 

Googleサジェストとは?

Googleサジェストとは、Googleで検索を行う際、検索したいワードを入力することで自動で検索窓の下に候補として様々なキーワードが表示される機能のことを指します。

普段、何気なく利用しているという方も多いのではないでしょうか。

 

便利な機能であるGoogleサジェストですが、どのような仕組みでワードが表示されているのでしょうか。

サジェストの仕組みと実際のキーワードを知る方法をご紹介します。

 

Googleサジェストが気になる
そんなときはこちらからお気軽にご相談ください。
ブランドクラウドが貴社に合った対策方法をご提案致します。

お問い合わせ

Googleサジェストの仕組み

Googleサジェストのキーワードは、人為的に決められているものではありません

Google独自のアルゴリズムによって自動集計され、選ばれているものになります。

 

検索候補のキーワードを決めるベースとなっているのは、次のような情報です。

 

・多くのユーザーが検索しているキーワード

・キーワードの話題性

・ユーザーの検索履歴

・キーワードに関連する情報の有無

このように、サジェストの表示内容は自社やGoogleが操作できるものではありません。

ユーザーの検索傾向やWebサイトの内容次第では、自社の意図に関わらずネガティブなキーワードが表示されてしまうこともあるでしょう。

Googleサジェストのキーワードを知る方法

企業名や商品名の検索でどのようなサジェストが表示されるのか、気になる方という方も多いのではないでしょうか。

現状のGoogleサジェストを調べる方法は、以下の2つです。

 

  • 自分で検索してみる
  • Webツールを使う

 

1つ目は、自分で実際に検索してみる方法です。

個人の検索履歴などの影響を受けることもありますので、一般的なユーザーに近い結果を表示させるには、ブラウザのシークレットモードやプライベートウィンドウの機能を使用することがおすすめですね。

 

2つ目はWebツールを使用する方法です。ツールを使用することで、実際の検索では表示されない潜在的なキーワードまで調べられます

代表的なツールには以下のようなものがあります。

 

・ウーバーサジェスト

・ラッコキーワード

Googleキーワードプランナー

 

Googleサジェストがもたらす影響と活用方法

便利な機能であるGoogleサジェストですが、利用するユーザーが多くいる分、サジェストに表示されるワードによって企業などに大きな影響をもたらすこともあります。

良い影響と悪い影響、2つの面から見ていきましょう。

 

良い影響とその活用法

サジェストに上がっているワードは多くの人の目に入りやすく、また検索されやすくなります。

ポジティブなワードが表示されていればイメージアップにつながることもあるほか、商品名などの認知度を高められる可能性もあります

 

また、サジェストに表示されているということは検索数が多いということであり、ユーザーのニーズにも直結します。

ニーズを知り、SEOに役立てるなど有効に活用することもできるでしょう。

 

悪い影響

サジェストにネガティブなワードが表示されてしまうことを、「サジェスト汚染」と呼びます。

このサジェスト汚染が起きてしまうと、企業のイメージが低下し、売上や就職希望者の減少につながってしまう、取引先からの信頼が低下してしまい、最悪の場合取引や融資を受けている銀行からの評価に関わってしまうことも考えられるでしょう。

 

また、さらに大きな誹謗中傷・風評被害を生んでしまう可能性もあります

例えば企業が何らかの犯罪被害に遭ったことが原因で「企業名+犯罪」といったワードが表示されてしまうと、それを目にしただけのユーザーが

・この企業は罪を犯しているらしい

・犯罪をしている企業の商品は買わない方がいい

と誤解してしまうこともあり得るでしょう。

 

ユーザーによっては、企業が犯罪に関与したのだと誤解し、良くない風評を広められるかもしれません。エスカレートすれば誹謗中傷の被害に遭い、さらに経営に影響を及ぼしてしまいます。

 

Googleサジェスト汚染をめぐる実例

インターネットが普及している現代ではサジェストによる影響を受ける被害が増加しており、Googleを相手に裁判となる例も出てきています。

実際の事例をいくつかご紹介します。

 

ファーストフードチェーンの被害例

例えば、2020年ごろには、Googleであるファーストフードチェーンにおいて「店名 肉」と検索すると、以下のようなサジェストが表示されていました。

 

・店名  肉 ミミズ

・店名 肉 裁判

・店名 肉 やばい

・店名 肉 問題

 

これは、インターネット上で噂されていた「このチェーンでは怪しい肉を使っているのではないか」という都市伝説が原因となって、マイナスなイメージを与えかねない内容が表示されてしまっていることが考えられます。

現在は材料の安全性を説明したりするなどの企業の対応もあって改善していますが、売上にも影響しかねない重大な問題です。

国外での判例

国外では、裁判によって個人にとって不都合なサジェストを表示することが、名誉毀損と判断され、サジェストの削除を認められた例が多くあります。

サジェストによる権利侵害を示した主な裁判結果は以下の通りです。

 

2015年オーストラリア :サジェストや検索結果の削除・損害賠償を命令

2010年フランス:損害賠償と再発防止策を講じるよう命令

 

ヨーロッパでは「忘れられる権利」について深く考えられていることから、裁判での主張が通りやすいと考えられます。

この「忘れられる権利」とは、インターネットに半永久的に残る情報を削除する権利のことです。

なお、Googleは「忘れられる権利」をEU(欧州連合)圏外では適用しないと主張をし、欧州司法裁判所で認められています。

 

国内での判例

日本でも、サジェストの表示差し止めをGoogleに命令した判例があります。

原告側の男性は誹謗中傷を取り扱うサイトに対して削除請求を行っていました。ところが誹謗中傷記事が1万件を超える現状に、個別対応は難しいと判断します。そこでGoogle側に対応を求める裁判を行いました。

 

東京高裁ではサジェスト機能によって原告男性の名誉が傷つけられたとし、表示の差し止めを命令します。しかしGoogleは以下の2点を主張して命令には従いませんでした。

 

・日本の法律で規制されることではない

Googleのオートコンプリートポリシー(削除基準)に反していない

 

日本とGoogleで、認識のズレが明らかになる結果ですね。

 

Googleサジェストについて相談したい・・・
Googleサジェストでお困りの方は、こちらからお気軽にご相談ください。
ブランドクラウドが早めの対処、対策で貴社を守ります。

お問い合わせ

Googleサジェストの削除方法

ネガティブなサジェストワードが気になっている場合、Googleに削除申請をすることも可能です。

しかし、削除には理由や法的な根拠が必要になる上申請が必ず通るわけではありませんので、それらに注意したうえで削除申請をするようにしましょう。

 

削除申請は、Googleの削除申請フォームの「不適切な検索候補の報告」から必要事項を記入することができます。

先ほども言った通り法的な根拠が必要になりますので、その根拠もしっかりと伝えましょう。

 

削除申請が可能なパターン

削除申請が可能なのは、

Googleのオートコンプリートポリシーに違反している場合

・法律に違反している場合

2つのケースです。

 

Googleオートコンプリートポリシーでは、具体的に以下のようなものが記載されています。

・危険なコンテンツ

・ハラスメント コンテンツ

・ヘイト コンテンツ

・露骨な性表現を含むコンテンツ

・テロに関するコンテンツ

・暴力や流血

・下品な言葉や冒とく的表現

 

(参考:Google検索ヘルプ オートコンプリートポリシー

 

ネガティブなサジェストは専門家に任せるのがおすすめ

企業を守るためにもサジェスト汚染に対する対策は必須ですが、削除は万能な方法ではありません。

サジェスト対策は、専門家に任せることをおすすめします。

 

弁護士に依頼する

自社で削除依頼する時間がなかったり、削除の確実性を高めたかったりするのであれば、弁護士へ依頼して削除依頼を代理してもらいましょう。

 

Googleへの削除依頼は法的根拠をしっかりと明示しなければ通りにくいですが、弁護士は法的根拠によって削除依頼を進めてくれます。

 

しかし費用が大きくかかることはもちろん、可能性を高めるだけで必ず削除できるわけではありませんので注意しましょう。

 

専門対策会社に依頼する

より効果的に対策を行いたい場合は、専門対策会社の利用がおすすめです。

専門対策会社ではサジェストへの技術的対応が可能であり、同じような被害を再度受けないように対策をすることができます。

また、専門対策会社はネットの誹謗中傷や風評被害への対策といったことも対応できます。

 

専門対策会社ではしばしば「逆SEO」といった手法が利用されることがありますが、実は各検索エンジンのアルゴリズムアップデートによって、年々対策の難易度が難しくなっているというデメリットもあります。

 

そこで弊社ブランドクラウドでは米国発の技術ORMを利用した弊社ならではの対策により、変化するアルゴリズムにも対応しています

長期的に効果のある対策がしたい企業様は、ぜひご利用ください。

 

専門対策会社に依頼するメリット

前述した専門対策会社を利用する3つのメリットについて、より詳しくご紹介します。

サジェスト以外のインターネットトラブル対策にも対処が可能ですので、自社での対応が困難で、根本的な原因を解決したいと考えている企業はぜひ参考にしてみてください。

 

原因を分析できる

専門対策会社は表面的な対応だけでなく、原因の分析にも対応しています

「なぜネガティブなサジェストが表示されるに至ったのか」「原因を絶つにはどうすれば良いのか」など、自社での分析が難しい部分を解明してくれるでしょう。

 

原因を理解した上で対処方法について考えることにより、効果的な対策ができます。

 

再発を防げる

ネガティブなサジェストを削除できたとしても、ユーザーの検索傾向やWebサイトの掲載内容に変化がないと、再度ネガティブなサジェストが表示されるかもしれません。

専門対策会社を利用すれば、原因そのものにアプローチすることで再発を防げます

 

何度も弁護士へ対応を依頼すると、手間や金銭的なコストを増やすリスクがあります。

その点、専門対策会社へ一任すれば、根本的な問題を解決した上で再発予防の施策まで対応してくれます。

 

迅速に対応してくれる

被害が大きくならないよう、サジェストのネガティブワードには迅速に対応しなければなりません。

 

専門対策会社では問題を早急に解決するべく、迅速な対応をしてくれます。

問題のヒアリングや情報の共有が出来次第、素早く対応に移るため、被害を最小限で食い止める早期解決に繋げることができるでしょう。

サジェスト汚染対策は「ブランドクラウド」にお任せください

サジェスト汚染への対策のために専門対策会社への依頼を考えているという方は、ぜひ弊社「ブランドクラウド」にお任せください。

弊社では「風評被害クラウド」というサービスを展開しており、事態を解決に導きます。

 

「風評被害クラウド」では、悪質なサジェストを押し下げ・非表示化につながる施策はもちろん、GoogleのアルゴリズムをAIを用いて監視するなど、再発を防止するための対策も行います。

その他にも、弊社ではブランドイメージや価値を向上させるための豊富なサービスを展開しており、先端技術や日本唯一の技術を活用した独自の施策により変化し続けるアルゴリズムに対応し、インターネット上の幅広いトラブルから企業様をお守りいたします。

 

また、サジェストのネガティブワードは原因のコンテンツがある場合が多いため、それらのコンテンツがさらに多くの人の目に触れる場所に表示されている可能性もあるでしょう

弊社ブランドクラウドでは、そういったコンテンツなど、リスクを網羅的に調査することが可能です。

さらなる風評被害へのリスクを対策するためにも、ぜひ一度弊社の無料調査をご利用ください。

 

お問い合わせ
    Googleのサジェスト対策について話を聞いてみたい。
そんなときはこちらからお気軽にお問い合わせください。
    ブランドクラウドが貴社に合った対策方法をご提案します。

問い合わせをする

まとめ

今回はGoogleサジェストについて、その仕組みや影響を含めてご紹介しました。

Googleサジェストは便利な機能であり、もちろん良い影響もありますが、ネガティブな言葉の表示を放置すると企業に悪影響を及ぼします。

企業活動に大きな被害が生まれる前に、専門対策会社への相談をおすすめします。

 

再発を防ぎ安定した活動を行うため、Googleアルゴリズムに対応できる弊社の「風評被害クラウド」を通して、問題への本質的な対処をめざしましょう。

 

Follow me!

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP
Checking...