お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6447-2653
メールでのお問い合わせ

【サジェスト汚染はなぜ起きる?】なんJとの関連性とおすすめの対処法を紹介

sajesutoosenn

2023.10.26
  • サジェスト汚染・サジェスト対策

インターネットを利用する機会が増えた現代、重要課題として指摘されているのがサジェスト汚染です。

企業であれ個人であれ、サジェスト汚染を放置しておくと後々大きなトラブルに発展することがあります。

 

そして、このサジェスト汚染に深く関係していると思われるのが『なんJ』です。

一体『なんJ』とは何なのか?また、万が一サジェスト汚染になったらどういう方法で対処すべきなのか?

 

この記事ではこういった疑問をお持ちの方に向けて、サジェスト汚染と「なんJ」の関係、またその対処法についてご紹介していきます。

 

 

サジェスト汚染とは?

GoogleやYahoo!などで調べ物をする時、検索窓に調べたいキーワードを入れると検索の候補として関連するワードが自動で表示されます。この機能は、「サジェスト」と呼ばれています。

 

Webサービスでは当たり前の機能となっているサジェストですが、このサジェストにネガティブなワードが並んでしまうことが、「サジェスト汚染」と呼ばれる状態です

 

例えば企業名などを検索窓に入力した際、

A社 不正」

A社 パワハラ」

などのようなワードが並んでしまう場合には、サジェスト汚染が起こっていると考えられるでしょう。

 

真偽に関わらず、サジェストにネガティブなワードが表示されてしまうと、ユーザーが企業に悪いイメージを持ってしまったりといった影響があります。

放置しておくと経営に被害などが出る可能性もあるため、迅速な対処が必要です。

サジェスト汚染でお悩みなら・・・
こちらからお気軽にお問い合わせください。
ブランドクラウドが貴社に合った対策方法をご提案致します。

お問い合わせ

 

「なんJ」とは?

そんなサジェスト汚染と関連性があるとされているのが、「なんJ」です。

なんJとは、匿名の掲示板サイト「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」の中でカテゴリ分けされた「板」と呼ばれるもののひとつである、「なんでも実況J(ジュピター)板」の略称です。

 

2004年の設立当初は主に野球の実況が行われていましたが、2012年ごろになんJのスレッドを転載したまとめブログが乱立し、知名度が上がったことにより利用者が増えてあらゆるジャンルへと話題が及ぶようになりました。

 

なんJの投稿の特徴として、対立煽りコンテンツとも呼ばれるような炎上の扇動など、ネガティブな盛り上がりを見せることがあります。

次章では、この特徴がサジェスト汚染に及ぼす影響について解説します。

 

サジェスト汚染にはなんJが影響している

サジェスト汚染の原因のひとつとして、なんJが大きく関係しているケースがあるとされています。

なんJは、いったいどのようにサジェスト汚染に影響するのでしょうか。

 

サジェスト汚染の背景

まずは、そもそもサジェスト汚染が起こる背景から見ていきましょう。

 

サジェストに表示されるワードは、各検索エンジンのAIによって検索数や検索頻度、ユーザーの関心などをもとに選定されます

短期間にメインのキーワードとともに検索された数の多いサブキーワードはサジェスト表示されることになるため、例えば悪意がなくとも、興味本位やネガティブな面も知っておきたいという心理からネガティブなワードとともに検索するユーザーが多ければ、サジェスト汚染につながってしまうということです。

ネガティブな面でニュースに取り上げられてしまった場合など、社会的影響が大きい出来事に関連して起こることも多いでしょう。

 

実は、この仕組みとなんJとの相性が良いことにより、サジェスト汚染になんJが大きく関わることがあるのです。

 

なんJが及ぼす影響

なんJではひとつの話題について多くのユーザーが投稿するため、特定のキーワードが繰り返し使用されることになります。

そのため、検索エンジンにより需要のある情報だと誤認されてしまうということです。

 

当初はアルゴリズムの誤認により間接的に原因となってしまっただけでしたが、そのうち、この仕組みを悪用して意図的にサジェスト汚染を引き起こす集団的悪戯を行う者も出現しました

悪意を持った一部のユーザーが集中的にネガティブワードでの検索を繰り返し、直接的にサジェスト汚染を引き起こすというものです。

 

これによりサジェスト汚染を受けた結果、更なる被害を招くことも考えられます。

こういった悪意を持った悪戯である可能性も視野に入れて、早急に対処が必要です。

 

なんJによる被害事例

実際に、著名な絵本である「100万回生きたねこ」の表紙をいじったコラ画像やタイトルを改変した悪戯が話題になり、なんjが悪乗りしたことで、サジェスト汚染が起きた事例もあります。

攻撃や印象操作を理由としたものではありませんが、悪戯によるサジェスト汚染の例といえるでしょう。

 

他にも、インターネット上の誹謗中傷問題に対応する弁護士である唐澤貴洋氏が2ちゃんねるの騒動を解決したことで、なんjによって仕掛けられたサジェスト汚染の標的となってしまったことがあります。

全く関係のないワードとともに名前が表示されてしまう事態になった上、氏に関わる法律事務所や依頼人などもサジェスト汚染の標的となり被害が拡大するなど、個人の生活に関わるような事例も存在するのです。

サジェスト汚染による悪影響

なんJなどの影響で実際にサジェスト汚染が起きてしまった場合、企業や個人において以下のような様々な影響があります。

 

企業イメージの低下

サジェスト汚染に遭ってしまった場合、検索しようと企業名などのワードを入力したユーザーがサジェストを目にすることで多くの人がこの言葉で検索していると受け取られ、企業のイメージが低下してしまいます

 

企業や商品のイメージが低下してしまえば、ユーザーが利用をためらってしまい売上が低下したり、就職希望者が減り求人に影響が出てしまうなど、様々な悪循環が起こります。

 

特に、なんJがきっかけでサジェスト汚染されている場合は悪意を持って意図的にブランドイメージを悪くしようとする人もいると考えてよいかもしれません。

放っておくとどんどん拡散しイメージが低下し続けてしまうため、、早急にサジェスト汚染の解消が必要です。

 

誹謗中傷につながる

誹謗中傷の標的になるのもサジェスト汚染による典型的な症状です。

これは、汚染されたサジェストを見た第三者がその内容を鵜吞みにしてしまうことが原因ですね。

 

FacebookやInstagramTwitterなどのSNSはもちろんですが、企業のページや個人であれば勤務先のホームページなどにまで誹謗中傷が書き込まれることがあります。

 

昨今起きているネット上での誹謗中傷の何割かはこうしたサジェスト汚染が原因であり、当の本人は身に覚えのないことであるが故に大きな問題となっています。

 

個人では就職や結婚など人生に影響することも

3章でご紹介した唐澤貴洋氏のように、何らかのきっかけで個人が標的となってしまうこともあり得ます

 

就活や婚活において、まれに相手方が人物名で検索をかけることがありますが、有名人でもない限り、個人名で検索したときにサブキーワードがサジェストされることはありません。

ところが、何らかの原因でサジェスト汚染が起こっていると、個人名を入力しただけでネガティブなキーワードばかりがサジェストされてしまうといったことが起こります。

 

それが事実かどうかは分からずとも、事実を確認する前に相手方が疑念や不安を持ってしまい、結果として入社や結婚をお断りされるという最悪の事態も考えられます

 

早めの対処が必要です!
サジェスト汚染にお悩みなら、こちらからお気軽にお問い合わせください。
早めの対処、対策で貴社を守ります。

お問い合わせ

 

サジェスト汚染の対処法

ご紹介したように、サジェスト汚染に陥ると様々な悪影響があるため、早急に対処する必要があります。

 

その対処方法として有効なのは、次の4つです。

 

サジェストの削除申請をする

各検索エンジンには、サジェストなどのワードに対して不適切性をなくすためのルールやポリシーがあります。

 

例えばGoogleが定めている『不適切な検索候補』に関する規定、オートコンプリート(Googleにおけるサジェスト機能)ポリシーでは、

・危険なコンテンツ

・ハラスメント コンテンツ

・ヘイト コンテンツ

・下品な言葉や冒とく的表現

・名前を示された個人のプライバシーに関する言葉や中傷的な言葉

・重大な悪意のある行為

などに違反しているサジェストは削除対象とされており、ユーザー側が削除申請フォームから削除依頼することが可能となっています。

 

(参考:Googleのオートコンプリート候補の仕組み

 

しかし、ポリシーに違反していると判定されず削除できないケースもある上、審査には時間がかかります。

また削除されるのはサジェストワードだけで、サジェスト汚染をもとに作成されたウェブサイトなど不名誉な内容がネット上から消えるわけではないため、根本的な解決とならない可能性があります

 

原因のコンテンツ作成者に削除を求める

なんJをはじめ、サジェスト汚染が起きた大元となる情報源を探し出し、コンテンツ作成者に削除を求めるという方法もあります。

 

その際には、具体的にどのような被害が出ているかと要求に従わない場合は法的措置を検討することを冷静に伝えましょう

コンテンツ作成者にとって該当するコンテンツから得られる利益はさほど大きくなく、損得勘定の働く人であれば素直に削除してくれることでしょう。

 

しかし、コンテンツ作成者への連絡手段がない場合や、相手が要求に従わない可能性もあるため注意が必要です。

 

弁護士に依頼する

インターネットトラブルに詳しい弁護士も大勢いますので、そういった弁護士に対処を依頼するのもひとつの方法です。

もちろん相談料と成功報酬が発生しますが、削除できない場合に法的措置を講じるというのは有効です。

 

しかし、法的根拠がないものや違法性の立証ができないものは申請が通らないため、弁護士による削除依頼でもワードによっては削除はできません。

また、弁護士でも既に起こってしまった事態への対処は可能ですが再発を防止するための対策などは難しくなります

費用と時間も大きくかかるため、万能とは言えません。

 

専門対策会社に依頼する

サジェスト汚染への対策など、迅速に対応するためには専門的な知識と手間がかかります

企業が自社で行う場合には、負担となることも多いでしょう。

 

専門の対策会社であれば、もちろん多少の費用はかかってしまいますが知識と経験により工数を削減できるため、迅速な対応が可能です

また、削除など一時的な対応だけでなく、根本的な原因を解明し、サジェスト汚染の再発防止や、誹謗中傷・風評被害を防ぐための施策も行うことができます

 

長期的な目線での対策を行いたい場合には、専門対策会社をおすすめします。

サジェスト汚染の対策は「ブランドクラウド」にお任せください

なんJなどが原因でサジェスト汚染が起きてしまい悩んでいる、サジェスト汚染への不安をなくしたいとお考えの方は、ぜひ弊社「ブランドクラウド」にお任せください。

弊社では「風評被害クラウド」というサービスを展開しており、事態を解決に導きます。

 

「風評被害クラウド」では、悪質なサジェストの押し下げ・削除につながる施策はもちろん、Googleのアルゴリズムを常にAIで監視するなど、再発を防止するための対策も行います。

その他にも、弊社ではブランドイメージや価値を向上させるための豊富なサービスを展開しており、先端技術や日本唯一の技術を活用した独自の施策によりインターネット上のトラブルに幅広く対応し、企業様をお守りいたします

 

なんJがきっかけで起こったサジェスト汚染は、企業様が気づいていないワードでも発生している場合があります。また、他のサイトやメディア・SNSにおいても拡散し、ネガティブなコンテンツがさらに多くの人の目に触れる場所に広がっている可能性もあるでしょう。

 

弊社ブランドクラウドでは、そういったレピュテーションリスクを網羅的に調査することが可能です。

さらなる風評被害へのリスクを対策するためにも、まずはぜひ一度、弊社の無料診断をご利用ください

 

お問い合わせ
サジェスト汚染について相談したい・・・
そんな方はこちらからお気軽にお問い合わせください。
    ブランドクラウドが貴社に合った対策方法をご提案します。

問い合わせをする

 

まとめ

この記事では「なんj」とサジェスト汚染の関連性とその影響、対策について詳しくご紹介しました。

 

個人・法人を問わずサジェスト汚染は非常に大きな問題であり、更なるトラブルに発展する可能性もあります。

たとえ被害を実感していなくても、気が付いたら早目に対処する必要があるでしょう。

 

Googleやコンテンツ作成者に対する削除依頼や弁護士など様々な方法がありますが、防止策を含めた施策や迅速な対応には専門の対策会社がおすすめです。

サジェスト汚染をはじめとした風評被害・誹謗中傷でお困りの方は、ブランドクラウドにお気軽にご相談ください。

Follow me!

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP
Checking...