お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6447-2653
メールでのお問い合わせ

検索結果で評判が下がる?悪質な口コミを削除する方法を解説!

search

2023.10.26
  • 検索結果対策

探したい情報がすぐに見つかるGoogleの検索エンジン

Google検索エンジンの検索結果の中には、企業や個人の評判を下げる悪質な口コミも存在します。

この記事では、企業の評判を下げうる検索結果の対策方法や悪質な口コミを削除する方法について解説。

検索結果を放置していると、思わぬ風評被害を引き起こしてしまうかもしれません。

検索結果を正しく取り扱い、企業ブランドを守りましょう。

Googleの検索結果から悪質な口コミを削除する方法

検索結果 評判

Googleの検索エンジンは調べたいことをすぐに探し出せる便利なツールです。

使ったお店の口コミや評判を登録することもできるため、店舗運営者やユーザー双方にメリットがあります。

しかし、口コミは良いものばかりではなく、お店の評判を落としてしまう可能性も。

悪い口コミを対策するためには、削除依頼を出すなどの方法があります。

Googleのヘルプページから削除依頼を出す

Googleの検索結果がGoogleのコンテンツポリシーに抵触している場合、Googleに削除依頼を出せば削除してもらえる場合があります。

Googleが禁止しているコンテンツはユーザーに危害を与える恐れのあるもの、個人情報漏洩に繋がるもの、犯罪を助長するものが挙げられます。

参考:Google からの情報の削除|Google

Googleが削除できる個人情報

Googleでは個人情報の漏洩に関する情報を削除申請できます。

同意のない個人情報、不本意な情報などが削除申請できる情報に該当します。

以下のフォームから必要な質問事項に回答し、Googleに情報を提供することで個人情報の削除をリクエスト可能です。

外部リンク:Google から個人情報の削除を依頼するリクエスト|Google

<Google が削除する個人情報>
・同意のない、露骨なまたはわいせつな個人的画像
・不本意な偽のポルノ画像
・不当な削除方針が示されているサイトにある私個人に関するコンテンツ
・一部の個人情報(PII)または晒し行為のコンテンツ
・Google 検索の検索結果から未成年の画像
・自分の名前とは関係なく Google 検索の検索結果に表示されるポルノ画像

Google 検索のコンテンツ ポリシー

Google検索では自動システムを利用してウェブから情報を収集し、コンテンツを表示するものです。

検索結果の生成にあたって、不適切な結果が表示することを避けるため、Googleではコンテンツポリシーを用意しています。

Google検索結果では以下のポリシーに関連するコンテンツに関して、一部の制限を設けています。

<Google検索結果に関するポリシー>
・広告
・危険なコンテンツ
・欺瞞行為
・ハラスメント コンテンツ
・ヘイト コンテンツ
・操作されたメディア
・医療のコンテンツ
・規制品
・露骨な性的描写を含むコンテンツ
・テロリストのコンテンツ
・暴力や残虐行為
・下品な言葉や罵倒語

参考:Google 検索のコンテンツ ポリシー|Google

サイト運営者に削除依頼を申請する

Googleに削除をする方法以外にも、サイト運営者(ウェブマスター)に連絡して削除依頼を申請する方法で有効です。

削除依頼を申請する相手はSNSなどのサービスである場合と、個人サイトの場合で異なります。

SNSやブログサービスの場合

SNS(TwitterやInstagramなど)やブログサービス(Amabeやはてなブログなど)の場合は運営者に連絡すれば削除対応してくれる可能性があります。

例えば、Twitterの場合は運営のヘルプページに削除依頼を出せば情報を削除できる場合があります。

削除申請が通るのは、SNSのルールに抵触している場合です。

以下はTwitterで禁止されている制限コンテンツの一例です。

これらのコンテンツに抵触していることが認められる場合、削除依頼が通る可能性があります。

<プロフィールに関わる制限>
・個人情報
・合意のない裸体の描写
<セキュリティに関わる制限>
・暴力
・テロ行為/暴力的過激主義
・児童の性的搾取
・攻撃的な行為/嫌がらせ
・ヘイト行為
・暴力行為の加害者
・自殺または自傷行為
・写実的な暴力描写や成人向けコンテンツを含むセンシティブな画像/動画
・違法または特定の規制対象商品・サービス

参考:Twitterルール|Twitter

個人サイトの場合

個人サイトの場合、サイト運営者に直接連絡して削除申請を出します。

個人サイトにはお問い合わせの窓口が設けられていますので、そちらからサイト運営者に連絡してましょう。

なお、個人サイトにはお問い合わせフォームが存在しない場合もあります。

Googleの検索エンジンではお問い合わせフォームが存在していない個人サイトは上位に表示されにくくなるという特性があります。

お問い合わせフォームの無い個人サイトはGoogleのシステムで信頼性がないコンテンツと判断されるのです。

Googleビジネスプロフィール(Googleマップ)と口コミ

検索結果 評判

Googleビジネスプロフィール(Googleマップ)は無料でビジネスに関する位置情報、店舗情報などを登録できるサービスです。

Googleビジネスプロフィールで正しい情報を登録することで、ユーザーに正しい情報を発信できるため、集客に必須のツールといえるでしょう。

登録した店舗情報について、ユーザーは自由に口コミを登録できます。

ビジネスオーナーは投稿された口コミについて、自店舗の評判を下げるような投稿がないかチェックすることが有効です。

外部リンク:Googleビジネスプロフィール|Google

Googleビジネスプロフィールの口コミを削除する

Googleビジネスプロフィールでは不適切な口コミについて、削除申請ができます。

なお、違反報告できるのは、Google のポリシーに違反している口コミのみです。

内容に不満がある、あるいは気に入らないという理由で口コミを報告することはできないので注意してください。

Googleビジネスプロフィールから削除を依頼する手続きは、以下の通りとなります。

<Googleビジネスプロフィールから削除を依頼する手続き>
パソコンで Google マップを開く。
ビジネスプロフィールを見つける。
報告するクチコミを見つけて、 [不適切なクチコミとして報告] をクリックします。

参考:Google ビジネス プロフィールからクチコミを削除する方法|Google

口コミに返信する

Googleマップでは自分のビジネスに寄せられた口コミに返信できます。

口コミに返信するには、ビジネスプロフィールのオーナー確認を済ませる必要があります。

<Google マップでビジネス プロフィールからクチコミに返信する方法>
1.Google マップを開きます。
2.ビジネスの名前を入力してください。次に、検索アイコン検索をクリックするか、Enterキーを押します。
3.ビジネスプロフィールで [クチコミ] までスクロールします。
4.[返信] をクリックしてクチコミに返信します。

良い口コミを増やす

全てのユーザーに満足してもらうようなサービスをすることは難しいです。

ユーザー側も悪い口コミはそれほど気にしておらず、良い口コミをチェックしようという場合が多いのです。

悪い口コミを削除するよりも、良い口コミを増やしてユーザーに有益な情報を発信するようにしましょう。

良い口コミを増やすためには小手先のテクニックではなく、お客様に評価してもらえるようなサービスを提供することが効果的です。

地道な経営努力が良い口コミを増やすことに繋がります。

偽レビューは禁止

Googleの口コミはサクラやヤラセなど、いわゆる偽レビューは禁止されています。

Googleではユーザーが正しい情報を配信するため、不適切なコンテンツやポリシーを自動検出しています。

口コミを投稿する際は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。

意図的に評価を高めるために虚偽の投稿をすること(サクラやヤラセ)はポリシー違反とされているのです。

偽レビューが判明してしまうと、SEO上のペナルティを受ける可能性があります。

偽レビューを利用して評判を上げようとすることは避けましょう。

マップのユーザー作成コンテンツに関する Google のポリシーは、投稿されたコンテンツがすべての利用者にとって有益であり、マップが常に公正かつ正しい情報を提供できるように定められています。ユーザーの皆様から毎日投稿される数百万ものコンテンツのほとんどは事実に基づいた正確な情報ですが、ときにはポリシーに違反するコンテンツが投稿される場合もあります。Google では、人間の目と機械学習アルゴリズムを組み合わせてこのようなコンテンツを検出し、他のユーザーに表示されないようにしています。このポリシーでは、ユーザー作成コンテンツをマップで公開するための基準と、不適切なコンテンツやポリシーに違反しているコンテンツの対処方法を定めています。

たとえば、投稿内容は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。意図的な虚偽情報の投稿、写真のコピーや盗用、話題に無関係なクチコミ、中傷的な表現の使用、個人攻撃、不必要または不正確なコンテンツなどは、すべてポリシー違反に該当します。

引用:マップのユーザー作成コンテンツに関するポリシー|Google

Google検索結果への対策手段

検索結果 評判

Google検索結果に対策するためには、弁護士や専門業者に依頼することが有効です。

個人情報の漏洩や誹謗中傷など、法律に関係する問題は弁護士に依頼しましょう。

また、逆SEOという手法を用いれば不適切な検索結果について対策ができます。

弁護士に依頼する

法的に問題のある検索結果が表示される場合、弁護士に相談しましょう。

弁護士は発信者情報開示請求をすることで、不適切なコンテンツについて削除ができる場合があります。

インターネットの問題に強い弁護士に依頼することで、風評被害に繋がるような情報を管理できるでしょう。

専門業者に依頼する

検索結果を対策したい場合、外部の専門業者に依頼しましょう。

企業ブランドを守る専門家として、逆SEOなどの方法で不適切な検索結果に対応して企業ブランドを守れます。

株式会社ブランドクラウド

項目内容
設立年数2013年
会社所在地〒107-0052
東京都港区赤坂8-5-34 TODA BUILDING 青山4F
電話番号03-6447-2653
事業内容・風評被害クラウド
・ブランドリフティング

株式会社ブランドクラウドは、8カ国に対応している国際基準に沿った手法を採用している風評被害対策会社です。

クライアントの幅広いニーズに応えるために、総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

実際に、風評被害に合っている方に対して、即効性のある対策のご提案をしています。

株式会社エルプランニング

株式会社エルプランニング

「ブランドSEO」|株式会社エルプランニング

株式会社エルプランニングはブランドセキュリティを専門としています。

ブランドSEOというサービスでは風評対策・Webブランディングに対策可能。

インターネット上の検索情報を監視することで、企業のブランドイメージを損ねる脅威について対策できます。

企業名株式会社エルプランニング
事業内容ブランドセキュリティ、インターネット集客支援、サービス運営
企業URLhttps://www.elplanning.co.jp/
設立平成15年(2003年)3月4日
資本金3,490万円
本社所在地東京都品川区東五反田1-2-33白雉子ビル8F
企業情報:株式会社エルプランニング

株式会社アクシアカンパニー

株式会社アクシアカンパニー

逆SEO対策|株式会社アクシアカンパニー

株式会社アクシアカンパニーは逆SEO対策やSEO対策といった施策を得意とする専門業者です。

逆SEOとは、特定のキーワードについてネガティブな情報を持つサイトの検索順位を下げる施策です。

対策ページを設置することで、企業ブランドを損ねるネガティブな情報を排除します。

企業名株式会社アクシアカンパニー(axia company Inc.)
事業内容逆SEO対策、SEO対策
MEO対策、ホームページ制作、メディア・コンテンツ制作
企業URLhttps://axia-company.co.jp/
設立2017年6月2日
資本金2,000,000円
本社所在地東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル7階
企業情報:株式会社アクシアカンパニー(axia company Inc.)

検索結果をチェックして風評被害を防止しよう

検索結果 評判

Google上の検索結果に関する仕組みや、評判を下げる口コミへの対策方法について見ていきました。

悪い口コミは企業のブランドイメージを損ねる可能性があるため、適切な対策が必要です。

検索結果の情報を削除するにはGoogleに削除依頼を出す方法、ウェブマスターに削除依頼を出す方法があります。

また、弁護士や外部の専門業者に依頼することで企業のブランドイメージについて適切な対策ができます。

口コミの情報をチェックして、店舗のイメージを守りましょう!

]]>

Follow me!

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP
Checking...