お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
03-6447-2653
メールでのお問い合わせ

サジェスト対策は自分でもできる?メリットや自分で行う際の注意点も紹介

sajesutoosenn

2023.10.26
  • サジェスト汚染・サジェスト対策

サジェスト対策は自分でもできることを知っていますか?

この記事では「自分でできるサジェスト対策」について解説していきます。結論、自分でサジェスト対策をおこなう場合おは、効果が小さくなってしまうことが多いです。

自分でサジェスト削除を検討する際、わかりづらい「自分でサジェスト削除する方法」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。

その他にも「サジェスト対策」の説明や、「サジェスト対策のメリット」について説明していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んで自分でサジェスト対策をする方法を知っていただければ幸いです。

また「逆SEO対策業者」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

サジェスト対策とは?

そもそもサジェストとは?

サジェストとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力した際に表示される関連ワードのことです。

例えば、飲食店の名前を入力すると「美味しい」「まずい」などのキーワードが関連ワードとしてサジェストされる場合があります。ポジティブワードがサジェストされれば、集客にとってプラス効果となる一方、ネガティブワードが表示される場合、損失ともなり得るでしょう。

また、地域名と利用したいサービスの名称を入力した際、自社名がサジェストされれば、集客に有利となります。

このような理由から、集客にとって大切な要素になるのがサジェスト対策です。サジェスト対策により、ユーザが検索した際に見せたくないキーワードを非表示にしたり、特定のキーワードを表示させたりすることができます。

サジェスト対策が必要な理由

サジェスト対策が必要な理由

サジェスト対策が必要なのには、主に以下の3つの理由があります。

  • イメージを守れる
  • ネガティブな情報を遠ざけることができる
  • 良質なユーザーを自社サイトに呼び込める

イメージを守れる

サジェストされる関連キーワードは、企業、また個人のイメージに大きな影響を与えます。検索を利用する多くのユーザーは、関連キーワードを参考にクリックするページを決めている傾向があります。

ユーザーの検索動機にぴったりあったサービスや商品を提供している企業の場合、関連ワードによりユーザーを自社サイトに誘導できれば、大きなマーケティングの機会となるでしょう。

また、検索したワードにサジェストされる企業名や商品名などは、多くの人が利用しており信頼できるというイメージを与えやすい点もメリットです。
例えば、化粧水を探している人が「化粧水 おすすめ」と検索した際に自社の商品名がサジェストされれば、人気商品である印象を与えるブランディング効果が得られます。

ネガティブな情報を遠ざけることができる

ネガティブな情報を遠ざけることができる

社名や個人名、商品名などがネガティブなキーワードと関連付けられている場合には、早急なサジェスト対策が必要です。
例えば、飲食店の店名の関連ワードに「まずい」が上がっている場合、検索する多くのユーザーの目に留まることになり、客足を遠ざけてしまう原因となり得ます。

また、個人名についても特定の事件や不法行為と結び付けられている場合があります。事実と反した内容であっても、悪意あるネットユーザーが誹謗中傷を目的にネガティブ情報を関連づけるサジェスト汚染を行うことは可能です。

個人の場合も、不特定多数の人が利用するネット検索でネガティブワードが上がっていると、実生活の人間関係や就職活動などに影響を及ぼすこととなるでしょう。このような実害を避け、検索利用するネットユーザーからネガティブな情報を遠ざけられるのも、サジェスト対策のメリットの1つです。

良質なユーザーを自社サイトに呼び込める

検索ワードは、ユーザーが何らかの検索意図があって自主的に検索しているものです。例えば、家の近くのカフェを探している人であれば、「地域名 カフェ」と検索するでしょう。

この際に自社サイトが関連ワードに上がれば、ユーザーが実際に利用する可能性は高くなります。サジェスト対策により、特定のキーワードを検索した時に、自社名が表示されるようにすることができます。
ユーザーの検索意図をしっかりと分析し、適切なサジェスト対策を行えば、自社のターゲット層に的確に情報を届けられるようになるでしょう。

流動的な大量のネットユーザーの中から、自社サービスや商品を利用する可能性の高い良質なユーザーを絞って呼び込めるのは、サジェスト対策のメリットです。

自分でサジェスト対策はできる?

Yahooでサジェストされる仕組みとは?

サジェストは、多くのユーザーが特定のキーワードを検索することで、人気キーワードを検出し、上位のものが表示されるようにする仕組みです。そのため理論上では、多くの検索を繰り返したり、SNSに大量投稿することでサジェスト順位を変更することは可能と言えます。

しかし、自分で行う場合自身のパソコンやスマホを繰り返し使用することとなり、多くのユーザーから需要のあるキーワードと認識されるのは難しいです。複数の回線やデバイスを用意することは、現実的ではないため、自分でサジェスト対策を行うのは困難であると言えるでしょう。

AI認識によるサジェスト対策の他にも、自分でできるサジェスト対策について以下でご紹介しますのでお役立てください。

自分でできるサジェスト対策とは?

自分でできるサジェスト対策とは?

検索数を増やす以外に自分でできるサジェスト対策には、以下の2つの方法があります。

  • 検索エンジンにサジェストの削除申請を行う
  • 新しい話題を提供する

検索エンジンにサジェストの削除申請を行う

検索エンジンであるGoogleやYahoo!に​申請すると削除できる場合もあります。ただし、自身に不都合な内容が全て削除できるわけではなく、サジェストの内容が検索エンジンが定める不適切な内容に当てはまっていることが必要

Googleの場合は、以下の内容が削除対象とされています。

  • 暴力的または残虐的な内容
  • 性的表現、下品な表現内容を含む
  • 特定の集団に対して差別的な内容
  • 著名人に対する不適切かつ抽象的
  • 危険なサジェスト

このように、法的な手段を取ることも可能なほどサジェスト汚染の内容が深刻な場合のみ、削除申請が対応されます。削除申請は、誹謗中傷など度を過ぎたネガティブな内容のサジェストに有効な方法です。

新しい話題を提供する

サジェストキーワードは、以下のような内容に沿って表示される仕組みとなっています。

  • 対象キーワードと一緒に検索されることが多いキーワード
  • キーワードに関連するコンテンツの多さ
  • 話題になっているキーワード

ポジティブなキーワードがこのような条件に当てはまり、自社名などの関連ワードに上がるようにするために、新しい話題を提供するのも自分でできる対策の1つです。オウンドメディアを持っていない場合は、公式ドメインを取り自社サイトの運営を開始することはサジェスト対策の第一歩です。

憶測や噂などのネガティブワードが飛び交ってしまっている場合、公式回答する場を作ることで、サジェスト汚染に対抗することができます。またすでに自社サイトやSNSアカウントがある場合には、ポジティブな内容のコンテンツ発信を増やすようにします。

この際、自社の強みや営業実態に即した内容にすることがポイントです。ポジティブワードが多く検索され、コンテンツも豊富になれば、ネガティブキーワードを押し下げ、表示されにくくすることができます。

自分でサジェスト対策をするとペナルティーがある?

自分でサジェスト対策をするとペナルティーがある?

上記でご紹介した2つの方法、削除依頼と新しいコンテンツを増やす手法でのサジェスト対策については、ペナルティーの心配はありません。しかし、注意したいのは、自身でポジティブワードの検索を繰り返すなどのサジェスト対策です。

これは逆SEO対策と呼ばれ、Googleのアルゴリズムの裏をかくような手法となります。不正な動きとみなされるとGoogleからペナルティを受け、検索順位を下げられてしまう場合もあるでしょう。

サジェスト対策を行う際に気をつけることとは?

サジェスト対策を行う際に気をつけることとは?

サジェスト対策を行う際には注意したい点もあります。

ここでは、以下の2つの点をご紹介します。

  • 検索エンジンごとに対応する必要がある
  • 削除できないサジェストも多い

検索エンジンごとに対応する必要がある

サジェストで関連ワードが表示されるアルゴリズムは、検索エンジンごとに異なる場合があります。そのため、サジェスト対策は各検索エンジンごとに行う必要があるでしょう。

また、アルゴリズムは日々更新されているため、最新の検索結果を確認し続ける必要もあります。各検索エンジンのサジェストを網羅するのには労力がかかりますが、サジェスト対策においては覚えておきたい点です。

削除できないサジェストも多い

検索エンジンに削除依頼を出す場合、各検索エンジンが定めている不適切な内容に該当するサジェストだけが対応されます。上記でも紹介したとおり、一般的には法的手段も取れるほどのレベルのネガティブワードである場合のみ、削除が可能です。

しかし、実際には消してほしいネガティブワードにはもっと多くのパターンがあります。「態度が悪い」「まずい」など一見個人の感想に見えるようなキーワードでも、サジェストとして上がってしまうと企業に大きなダメージを与えるものもあります。

マイナスイメージを払拭するため削除してほしいと思っても、対応されないキーワードも多いという点は知っておくべきでしょう。

企業にサジェスト削除を依頼するメリットとは?

企業にサジェスト削除を依頼するメリットとは?

自分で行うサジェスト対策に限界を感じた場合には、企業に依頼する方法もあります。

ここでは、サジェスト削除を依頼するメリット3つをご紹介します。

  • 大規模な逆SEO対策ができる
  • 効果的な手段を提案してもらえる
  • 効果がでるまでの期間が短い

大規模な逆SEO対策ができる

サジェスト対策専門業者に依頼するなら、検索アルゴリズムを熟知した上での大規模な逆SEO対策ができます。例えば、逆SEOには以下のような手法があります。

  • 高評価を得られるサイトを複数作成する
  • サイトが上位表示されるようSEO対策する
  • 順位を下げたいサイトがペナルティを受けるような施策

個人で行う場合にはペナルティを受けるリスクがある逆 SEO対策ですが、知識を持った上で行う業者に依頼すれば効果を期待できるでしょう

効果的な手段を提案してもらえる

効果的な手段を提案してもらえる

検索エンジンのアルゴリズムは日々変化しており、実際に効果が実感できる施策を見つけるのは至難の技です。専門業者に依頼すれば、多くの経験や知識から効果的な手段を提案してもらえます。

サジェスト対策やSEO対策は、傾向を分析し、予測する側面が非常に大きいです。そのため、すでにノウハウのある業者に依頼することで分析や予測が外れた場合の労力を節約し、より効率的な対策を取れるでしょう

効果がでるまでの期間が短い

専門業者に依頼すれば、より成功確度の高い方法でサジェスト対策ができます。アルゴリズムを熟知したプロが対策するため、効果が出るまでの期間を短縮できるでしょう。

重要なのは、実績が確かな業者を選択することです。優良な企業に依頼する場合費用はかかりますが、効果が出るまでの時間と換算するなら費用を出す価値はあると実感できるはずです。

サジェストされる仕組みとは?

サジェストされる仕組みとは?

サジェストされるキーワードは、検索エンジンのAI検出により以下の要素から決められます。

  • 一緒に検索されることが多いキーワード
  • コンテンツ量が多いキーワード
  • SNS等で話題のキーワード

より多くのユーザーから求められ、検索されていると認知されれば、サジェスト上位に上がる仕組みとなっています。

サジェスト対策を自分でしない方がいい理由とは?

サジェスト対策を自分でしない方がいい理由とは?

サジェスト対策は自分でする方法もありますが、できれば専門業者に依頼するのがおすすめです。

それには、以下の2つの理由があります。

  • 効果的な手段を実施できない
  • サジェスト削除までに時間がかかる

効果的な手段を実施できない

アルゴリズムの仕組みは日々変化しており、複雑化しています。例えば、同一人物が大量に検索したとしても、それを認知する仕組みがあり、逆にペナルティを受けるリスクがあります。

そのため、素人が思いつくような単純な施策では効果を発揮できないのが事実なのです。

サジェスト削除までに時間がかかる

自分で行えるサジェスト対策は時間がかかるのが一般的です。ネガティブなサジェストがある場合、時間がかかればかかるほど損失は大きくなります。
企業であれば、その期間ずっと利益機会を失い続けることになるでしょう。

また、一度ついてしまったネガティブイメージを払拭するのは難しいものです。サジェスト対策はスピードが勝負とも言えるため、自分での対策はあまりおすすめできません。

削除できる可能性の高いサジェストとは?

削除できる可能性の高いサジェストとは?

サジェスト汚染のレベルが深刻な場合には、検索エンジンに依頼して削除してもらえる場合もあります。

ここでは、3つの代表的なものをご紹介します。

  • 誹謗中傷を含むもの
  • 性的表現を含むもの
  • 事実に基づかないもの

誹謗中傷を含むもの

誹謗中傷にあたる内容は、日本の法律でも違法と定められており、損害賠償を請求できる可能性もあります。誹謗中傷を含むものは、初めにコンテンツ運営者や検索エンジンに削除を申請しましょう。

対応されなかった場合は、弁護士へ相談し民事裁判を起こすという最終手段もあります。

性的表現を含むもの

性的表現を含むもの

性的表現についても、GoogleやYahoo!などの代表的な検索コンテンツにおいて削除対象とされています。

特に性的表現については、一目で常識の範疇を逸していると判断できるものも多く、削除される可能性が高いと考えられるでしょう。

事実に基づかないもの

虚偽の内容がサジェストワードに上がっており、事実を証明できる手段がある場合には削除できる可能性が高いです。この場合、公式サイトなどのコンテンツを利用し、事実を積極的に発信していくことが有効な手段となります。

虚偽の誹謗中傷をされてもしっかりと回答できる場を持つことは、ネット戦略において重要なポイントと言えるでしょう。

自分でサジェスト対策をしてみよう

この記事のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 企業・個人のイメージのためにサジェスト対策は必須
  • 自分でもできるサジェスト対策はある
  • より効果的・効率的なサジェスト対策には企業への依頼がおすすめ

サジェスト対策とは、ネットユーザーが検索エンジンを利用する際に提案されるキーワードに対する対策です。ネガティブなキーワードは企業や個人のイメージに損失を与えるため、対策が必須となります。

自分でできるサジェスト対策もありますが、効果が出ない・ペナルティを受けるなどのリスクを避けるためには専門業者への依頼がおすすめです
この記事を読んでサジェスト対策に関心を持たれましたら、優良な業者探しから始めてみてくださいね。

]]>

Follow me!

RECOMMENDおすすめ記事

PAGE TOP
Checking...